超高齢時代 医療どう持続(創論) 横倉義武氏/安藤伸樹氏

2017/12/12 6:00
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

戦後ベビーブーム期に生を受けた団塊の世代すべてが後期高齢者になる2025年問題は、20年あまりにわたって尾を引く超長期の難題になる。その影響を強く受けるのが医療だ。医療費の膨張が見込まれるなかで制度の持続性を高めるには何をどうすべきか。医療界を代表して横倉義武日本医師会長に、医療費を負担する側を代表して全国健康保険協会(協会けんぽ)の安藤伸樹理事長に聞いた。

◇  ◇

■医療費急増 現場から抑制 日

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]