2017年12月13日(水)

屈指の楽団 来日相次ぐ 回顧2017 音楽

批評
2017/12/8付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

 今年2月から大改修に入っていた東京のサントリーホールが9月にリニューアルオープンし、ボストン交響楽団、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団、ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団など、世界屈指の楽団の来日公演が相次いだ。

 指揮者のカラヤンが設計にかかわった同ホールには、世界中の音楽家が音響面などで厚い信頼を寄せる。改修の終了を待ちかねたように、来日がこの秋に集中した。クラシック界における同ホールの影響…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報