2018年2月21日(水)

マイゴルフ

フォローする

高校時代 練習漬けの濃密な日々
永野竜太郎 (2)

2017/12/7付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

 机に向かって座っているとすぐに眠くなる。受験勉強はしたくなかったので、よく一緒にラウンドした清田太一郎選手の父親の紹介で、水戸の水城高に進学することになった。

 寮生活に憧れていたが、福岡だと「帰って来い」と言われたらすぐ帰らないといけない。さすがに茨城だと、そういうわけにもいかない。石井貢先生という信頼できる監督がいるし、横田真一さん、片山晋呉さん、宮本勝昌さんらそうそうたるプロを輩出。九州の高…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップスポーツトップ

ゴルフコラム

スコアアップヘ

マイゴルフ 一覧

フォローする
下半身の安定が大事

 数あるショットで、バンカーショットは唯一、ダフっていい。難しく考えすぎないことだ。アマチュアなら、とにかく出ればいいと思ってほしい。カップに寄せようとすると難しくなり、バンカー地獄に陥るはめにもなる …続き (2/16)

アプローチで注意するのはリズム

 アプローチではオープンスタンスで構え、右足寄りにボールを置く。ハンドファーストで、両腕とクラブは小文字の「y」の形になる。
 基本はピッチエンドラン。軌道が高すぎず低すぎず、ずっと打ち続けられる自分な …続き (2/9)

ラフからは、やや短く持つかフェースを開いて打つ

 アイアンショットで肝心なのは距離感だ。まずは番手ごとに、しっかり振った時の距離を把握しないといけない。番手と番手の中間距離の場合は、スタンス幅を靴半足分か1足分狭めるか、クラブを1、2センチ短く持っ …続き (2/2)

ハイライト・スポーツ

平昌五輪特設ページ

会員権相場情報

[PR]