/

この記事は会員限定です

官民ファンド4.7兆円投資 17機関試算、1.5倍回収

根拠薄く 収支に疑問

[有料会員限定]

官民ファンド17機関がまとめた将来の収支見通しが6日、分かった。各ファンドの運営が終わるまでに合計4兆7376億円を投資し、投資額は2017年3月末時点から2.6倍に拡大する試算だ。各ファンドは最終的に投資額の1~2倍を回収し、成功裏に活動を終える青写真を描くが、見立ての根拠を疑問視する向きもある。

6日午前の官民ファンドの関係者会合で初めて収支見通しの試算を示した。官民ファンド17機関の17年3...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り707文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン