一帯一路、アジアの視線(複眼) スリン・ピッスワン氏/キショール・マブバニ氏/アショク・カンタ氏

2017/12/5 6:00
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

中国が主導する広域経済圏構想「一帯一路」。陸路と海路で欧州へ向かう壮大なインフラ整備計画は「21世紀のシルクロード」と呼ばれ、沿線にある60カ国超には期待と警戒が入り交じる。中国の安全保障上の思惑も見え隠れする構想は、アジア主要国の目にどう映っているのか。

◇  ◇

■ASEAN、自立性確保を 前ASEAN事務局長 スリン・ピッスワン氏

一帯一路はインフラ整備の資金がほしい東南アジア諸国連合(ASE…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]