/

救急搬送先、iPad使い判断 「たらい回し」なくす

先読みウェブワールド (野呂エイシロウ氏)

数年前、夜中の2時頃に激痛が走り救急車を呼んだことがある。救急車自体は5分ほどで来たのだが、その後出発までに意外にも時間がかかって驚いた。まずは家族との連絡。そして受け入れ病院を探すため、携帯電話で懸命に連絡している救急隊員の声が聞こえる。次々と連絡する様子から、痛みのなかでも「あ、ボクいま断られた」とわかってがっかりする。

東京都内では昨年、77万件も救急車が出動したという。41秒に1度という計算だ。救急車を効率よく稼働させるには、より早く病院に引き継ぐシステムが必要だ。

バーズ・ビュー(東京・文京)はそんな問題を解決しようと、救急医療管制支援システム「e-MATCH」を開発。少しずつ広がり始めている。

仕組みはこうだ。病人やけが人が119番通報をすると、救急車に設置されたiPadのシステムが作動する。患者の心拍や血圧などを測定し、病院に共有。病院側は混雑具合や、その病状に適した医師がいるかどうか、治療が可能かどうかを即座に判断する。患者の状態と病院の状況のデータを突き合わせ、効率よくマッチングさせようというわけだ。

「e-MATCHの生みの親である故青木則明先生(元・テキサス大学健康情報科学大学院准教授)の遺志を受け継ぎ、救急搬送における『たらい回し』のない社会をつくりたいと思った」。夏井淳一代表取締役はこう話す。あらゆるモノがネットにつながる「IoT」などの技術も使って集めた正確な情報こそが「たらい回し」をなくすと信じる。

奈良県、千葉市、福島県の県北地域で活躍中だ。奈良県では88台の救急車に設置し、効果も出始めたという。「システムを導入すると、どうしても救急現場で一手間増えてしまう。ただそれ以上に、地域の救急医療全体を視覚化できたと評価してもらっている」。夏井氏は強調する。

日ごろの救急医療の場面だけでなく、災害時にはさらに力を発揮するに違いない。大混乱に陥りがちな災害時に冷静かつ着実に対処できるシステムは有効だ。同社は現在「災害モード」を検討している。「e-MATCHが自治体のインフラの1つになることを目指す」(夏井氏)という。

救急患者をIT(情報技術)で助ける手法はほかにも広がりを見せている。例えばアルム(東京・渋谷)の医療関係者間コミュニケーションアプリ「Join」。昨年には厚生労働相の諮問機関で保険適用を受けることが決まった。

このアプリは「超緊急」を要する患者の容体を、医師らが共有できるアプリだ。医療用画像管理システムと連携させ、コンピューター断層撮影装置(CT)の画像も共有可能だ。さらに救急車の位置情報もわかり、手術の準備も円滑にする。日本はもとより米国、ブラジルなど6カ国で使われているという。

遠隔医療や遠隔手術の現場でもネットワークの進化が必要だ。先日、ある遠隔ロボットの開発者から興味深い話を聞かせてもらった。

医師が操作し、手術もできる遠隔ロボットそのものは、かなりのレベルまで進んでいる。今後は仮想現実(VR)の技術も連携し、さらに高度な施術が可能になるとみられている。そんな現場で今の課題がインターネットなどの回線の速度だ。

難易度の高い手術になるとコンマ1秒単位で事態は動く。だが距離が離れている場合、通信にかかるわずかな時間差が生まれてしまい、正確な手術のハードルになるという。この開発者はそれを解決する技術を研究中だと語っていた。

ちなみに筆者は無事に都内の病院に搬送されて入院できた。次に乗るときはもっと搬送時間が短くなっていると期待したい。その前にもちろん、救急車のお世話にならないよう、日々の健康維持に努めてますよ。

[日経MJ2017年12月4日付]

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経MJをPC・スマホで! まずは1カ月無料体験

消費と流通の未来を先取りする、最先端の情報を発信。「日経MJビューアー」ならスマホ・タブレット・PCで読めます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。初めての方は、まずは1カ月無料体験。

詳細はこちらから

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン