/

この記事は会員限定です

診療報酬改定の論点(中) 経営実態基に財源配分を

松山幸弘 キヤノングローバル戦略研究所研究主幹

[有料会員限定]
ポイント
○医療提供体制の過剰投資の解消が不可欠
○収入大幅減の事業体もあり淘汰本格化も
○社会福祉法人の余剰金融資産の再配分を

2018年度は診療報酬、介護報酬、障害福祉サービス等報酬のトリプル改定の年である。本稿では改定の方向と財源確保について、わが国の医療介護福祉提供体制の特徴と収支状況を基に論じたい。

◇   ◇

医療の診療報酬は、医師の技術料など診療報酬本体と薬価等に大別される。前回16年度改定...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2813文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン