/

この記事は会員限定です

珍鳥の尾 後世に伸ばす

特別天然記念物「土佐のオナガドリ」守り育てる 窪田正夫

[有料会員限定]

国の特別天然記念物に指定されている「土佐のオナガドリ」は、世界で最も長い尾をもつ。鶏の一種で、尾の長さが10メートルを超すこともある。私の地元、高知県南国市の篠原地区が発祥とされ、父から受け継いだ「長尾鶏センター」を運営しながら、この美しく珍しい鳥を育ててきた。

オナガドリは尾の羽根の一部が生え替わらず、極端に伸びていく鳥だ。長い尾を持つのはオスだけで、メスの見かけはふつうの鶏とあまり変わらない。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1532文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン