/

この記事は会員限定です

シェア経済がもたらす未来(複眼)

王暁峰氏/重松大輔氏/森信茂樹氏

[有料会員限定]

モノやサービスを他の人と共用する「シェア経済」が消費者の心をとらえている。所有から利用へのパラダイムシフトは、新たなビジネスを勃興させる半面、既存企業には脅威ともなる。成長の新たなけん引役候補がもたらす未来と、その課題は何か。

◇  ◇

使用=所有の図式崩れる 摩拝単車(モバイク)CEO 王暁峰氏

シェア経済への移行は世界的な趨勢だ。かつては多くの商品で「使用=所有」、すなわち使うためにはお金を払って自分のものにするしかないという構図があった。だがインターネッ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り4112文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン