/

この記事は会員限定です

星へのまなざし(1) 横山大観「彗星」

東京国立近代美術館主任研究員 鶴見香織

[有料会員限定]

日本では月に比べ星を描いた作品は少ない。そもそも小さいからなかなか気付かれない。近代美術に星をみつけて、作家たちが星に向けたまなざしを探ってみたい。

横山大観がハレー彗(すい)星を迎えたのは1910年、42歳になる年のことだった。76年周期で太陽に近づくハレー彗星はこの年の4月末には肉眼で見えるようになり、太陽に最接近した5月19日前後には半天に届く長さにまで尾を成長させた。新聞は連日この星の動...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り332文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン