/

この記事は会員限定です

東芝問題の教訓(下)事業の構成 適切に管理を

若林秀樹 東京理科大学教授

[有料会員限定]
ポイント
○誤った事業の「選択と集中」で経営が悪化
○日本企業の強み生かせる事業領域手薄に
○多角化・M&Aでは客観的な分析・判断を

東芝の経営問題に限らず、あらゆる問題には間接的な「遠因」、直接的な「近因」、そして本当の原因となる「真因」がある。

東芝問題の遠因は、企業文化や風土の問題もあろう。東芝の場合、戦前は藤山雷太氏、戦後は石坂泰三氏や土光敏夫氏ら、外部の有力大物経営者に経営再建を委ねる傾向がある。こ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2764文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン