震美術論 椹木野衣著 災害の記憶 表現者の根幹に

2017/11/11 6:00
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

人は風土・文化・習慣と無縁ではありえず、表現者であればなおのこと、地球上のどこで制作しているかが重要になるが、その場所がどういう地質的条件下にあるかを問題にしているところが、本書の特異な点である。

西欧諸国は地震のない地盤のしっかりした土地にのっている。西欧文明はその盤石な地質を暗黙の条件にして開花し、発展してきた。だが、日本はそうではない。足下(あしもと)が絶えず揺らぎ、崩れ、土壌が流れ去る、…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]