/

この記事は会員限定です

パリ・グラフィック展

版画の多彩な特性に光

[有料会員限定]

版画はさまざまな「顔」を持つ技法である。

大量に複製できるのでポスターや版本などとして流通する。公共の場で大衆の目に触れる場合もあれば、ひそやかに楽しむ類いのものも。安価に売り出すことが可能な半面、エディション(限定数)で希少価値も付けられる。「パリ・グラフィック―ロートレックとアートになった版画・ポスター展」(東京・丸の内の三菱一号館美術館)が「個人向け」「大衆向け」などと章立てられているのを見...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り552文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン