/

この記事は会員限定です

ものづくりの信頼、どう回復(複眼)

平井良典氏/中島茂氏/榊原清則氏

[有料会員限定]

神戸製鋼所の品質データ改ざん、日産自動車SUBARU(スバル)の無資格検査問題など、日本が強みとしてきたものづくりへの信頼を失墜させかねない不祥事が相次ぐ。製造業の現場に何が起きているのか。「メード・イン・ジャパン」の誇りを取り戻すための処方箋は何か。

◇  ◇

「仕組み・風土・人」を育む 旭硝子常務執行役員・CTO 平井良典氏

日本の製造業で起きている一連の不祥事は率直に残念だ。当社でも品質に関わる問題が起きることはある。

2004年、食品添加物や医療用として提供している重曹に、顧客から「異物が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り4053文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン