2017年11月21日(火)

趣味の交流支援アプリに新顔 音声・動画で深まり
先読みウェブワールド (野呂エイシロウ氏)

コラム(ビジネス)
2017/11/6付
保存
共有
印刷
その他

 米アップルの新しいiPhoneX(テン)など、スマートフォン(スマホ)の話題がテレビやインターネットでニュースになる。これだけ話題になるのは、スマホがSNS(交流サイト)全盛の時代のコミュニケーションツールとして欠かせないからだろう。

ソーイージーはギターなどの趣味の動画を投稿しやすい

ソーイージーはギターなどの趣味の動画を投稿しやすい

 さて最近スマホのコミュニケーションでは、どんなサービスが出ているのだろう。そう思って探してみると、興味深いサービスを見つけた。キーワードは「趣味のつながり」だ。

 エニーカラー(東京・港)がサービスを始めた「シュミトモ!」はその名の通り、趣味に特化したSNSだ。現在iOSに対応したアプリがある。無料で利用できる。

 ポイントはチャット形式ではなく、音声で交流するところだ。アプリをダウンロードしログイン。趣味のトピックスを選ぶと、そこで会話を聞いて楽しんだり、会話に参加したりできる。

 トピックスに参加できる時間は30分と限定している。ニックネームで見知らぬ人どうしが同じ趣味を語り、共有できるという試みだ。サービス開始以降はゲーム、アニメ、音楽など、比較的インドアな趣味を中心に熱く語られているという。

 筆者が若い頃、ニフティのフォーラムに参加していたのを思い出す。深夜ラジオや自転車のフォーラムに投稿していた。その後2ちゃんねるのスレッドやミクシィのコミュニティーなどが生まれた。そして今度は音声というわけだ。

 リアルタイムの音声通話にこだわったのは「声のもつ温かみが交流を促し、趣味仲間の拡大に生きると考えたから」と代表取締役の津倉悠槙氏。津倉氏も飲み歩きやロードバイクが趣味で、将来はユーザーでロードバイクのチームを組めたらと願っている。「あと、声だと化粧が必要ない点も好評」と、女性へのPRも付け加えていた。

 動画の世界でも、趣味の投稿を支援するサービスが目立ってきた。確かに動画は相性がよさそうだ。例えば釣りなどは雑誌よりもわかりやすいかもと思う。

のろ・えいしろう 愛知工大工卒。学生時代から企業PRに携わり、出版社を経て日本テレビの「天才・たけしの元気が出るテレビ!!」で放送作家デビュー。戦略PRコンサルタントとしても著作多数。愛知県出身。

のろ・えいしろう 愛知工大工卒。学生時代から企業PRに携わり、出版社を経て日本テレビの「天才・たけしの元気が出るテレビ!!」で放送作家デビュー。戦略PRコンサルタントとしても著作多数。愛知県出身。

 この分野でユニークなのはソーイージー(東京・港)が提供する、15秒の動画を投稿できるサイトだ。サービスオーナーの添田祐輝氏は「世界中のみんなと『シェアワセ』を広めるのがミッション」と話す。SNSの投稿を巡っては、自分の背伸びした姿を投稿して「SNS疲れ」になるなどとも言われるが、ソーイージーは「等身大の自分」の表現で、幸せを分かち合うという発想を大事にしているという。

 実際に見てみると、たくさんの趣味投稿がアップされている。ギターが趣味のスウェーデン人の女性は演奏の仕方を表現。劇団の衣装づくりに協力している女優の卵が投稿したのは、はぎれでコースターを手作りする様子だ。ほかにも料理や「生活の知恵」を紹介する動画も多くある。

 すでに世界に広がっており、easy(いいね)したユーザーの国数は21カ国、訪問者の国数77カ国に及ぶという。言語での説明がいらない動画サイトならではの傾向だ。

 「メディアではなく、ユーザー投稿型のコミュニティーにこだわって運営していく」と添田氏。最近iOSのアプリもスタートし、さらに投稿とコミュニケーションが密になることだろう。

 筆者としては、これらの音声や動画などのサービスがスマホの中だけの交流を支援するのではなく、言い方は古いが「オフ会」などにも発展してほしい。趣味における新しいコミュニケーションを引っ張っていける可能性はある。

 さあ、筆者もサービスをどんどん使おう。と思ったが、最近は没頭している趣味がない。何とも残念。まずは趣味づくりから、かな。

[日経MJ2017年11月6日付]

「日経MJ」をタブレットやスマートフォンで

 全紙面を画面で閲覧でき、各記事は横書きのテキストでも読めます。記事の検索や保存も可能。直近30日間分の紙面が閲覧可能。電子版の有料会員の方は、月額1000円の追加料金でお読み頂けます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報