2018年11月18日(日)

ラグビー

収入面に配慮、会場に偏り ラグビーW杯日程決まる

2017/11/3付
保存
共有
印刷
その他

各チームの移動距離、ホテルや練習場の質、テレビクルーの移動時間……。大会組織委員会とワールドラグビーは様々な要素を勘案して日程を組んだが、色濃くにじんだのは収入面への配慮だ。

日本戦4試合は当初、全国に分散させる方針だったが、最終的に関東、東海に固まった。理由の一つはスタジアム。4会場は収容4万5千人以上で、12会場を規模でみた場合の4強になる。「関東にはラグビーファンが多い」(関係者)事情も考慮された。東京で8試合、横浜で7試合を催すのも同様の理由がある。

プロ野球球団の本拠地である札幌や会場の小さい釜石は2試合。地域間の偏りは大きくなった。

ラグビーW杯はテレビ放映権料などをワールドラグビーが全て受け取る特殊な収入構造を取る。組織委に入るのは入場料だけ。日程とチケット価格はその命運を握る。組織委の嶋津昭事務総長は「収入の根幹を占める入場料を確保したい。全会場が満員になると予算を少し上回る」。大箱重視の日程は、黒字化のための苦心の策でもあった。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

ラグビー 一覧

イングランド戦に向けて調整するリーチ(16日、トゥイッケナム競技場)=共同

 【ロンドン=谷口誠】ラグビー日本代表はリポビタンDツアーのイングランド戦(日本時間18日午前0時キックオフ)を翌日に控えた16日、試合会場のトゥイッケナム競技場で軽く調整した。記者会見したリーチ・マ …続き (17日 19:57)

 ラグビーのトップリーグ、トヨタ自動車は17日、帝京大でロックを務めた秋山大地ら8選手が来年度に新加入すると発表した。〔共同〕 …続き (17日 19:00)

 ラグビーのトップリーグ・カップ第2節第1日は17日、ニッパツ三ツ沢球技場などで1次リーグ4試合が行われ、C組はクボタが神戸製鋼を24―22で退け、開幕2連勝とした。神戸製鋼は1勝1敗となった。ヤマハ …続き (17日 18:02)

ハイライト・スポーツ

[PR]