2018年1月21日(日)

ラグビー

日本、欧州予選勝者と開幕戦 ラグビーW杯日程決まる

2017/11/3付
保存
共有
印刷
その他

 ラグビーの2019年ワールドカップ(W杯)日本大会の組織委員会は2日、大会日程を発表し、1次リーグA組で世界ランク11位の日本は、9月20日の東京・味の素スタジアムでの開幕戦で、欧州予選の勝者と戦うことになった。欧州予選はルーマニアがリードし、出場が有力視されている。

2019年ラグビーW杯の試合日程などを発表する元日本代表の増保輝則さん(右)と室伏広治さん(2日、東京都港区)

2019年ラグビーW杯の試合日程などを発表する元日本代表の増保輝則さん(右)と室伏広治さん(2日、東京都港区)

 第2戦以降は9月28日に世界ランク4位のアイルランド、10月5日に欧州とオセアニアによるプレーオフの勝者、13日に世界ランク6位のスコットランドと対戦する。試合間隔が中6~7日と空き、調整しやすい日程になった。第3戦はオセアニアのサモアとの対戦になる可能性が高い。

 試合会場も発表され、日本は第2戦が静岡スタジアム、第3戦が愛知・豊田スタジアム、第4戦が横浜・日産スタジアムとなった。

 準々決勝は味の素スタジアムと大分銀行ドームで2試合ずつ行う。10月26、27日の準決勝と、11月2日の決勝は日産スタジアムで実施する。

 会場別では味の素スタジアムが8試合と最も多く、次いで7試合の日産スタジアム。収容人数が最も多い日産スタジアムでは集客を見込み、ニュージーランド―南アフリカ、イングランド―フランスなど強豪同士の好カードが組まれた。札幌ドーム、岩手・釜石鵜住居復興スタジアム(仮称)、熊本・えがお健康スタジアムでは2試合を行う。

日経電子版が2月末まで無料!初割のお申し込みは1月31日まで!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

ラグビー 一覧

入れ替え戦でNTTドコモに競り勝ち、初のトップリーグ昇格を喜ぶ日野自動車の選手たち(20日、ヤンマー)=共同

 ラグビーのトップリーグ(TL)入れ替え戦は20日、大阪市のヤンマースタジアム長居などで3試合が行われ、日野自動車がNTTドコモ(TL15位)に20―17で競り勝ち、初のTL昇格を決めた。
 コカ・コー …続き (20日 17:02)

 ラグビーの2019年ワールドカップ(W杯)日本大会の組織委員会は19日午前10時から、大会チケットの先行抽選販売をオンラインで始めた。
 今回は国内向けのみの販売で、同一会場で行われる1次リーグ全試合 …続き (19日 18:00)

日産スタジアムで開かれたラグビー日本代表とオーストラリア代表の親善試合(2017年11月、横浜市)

 ラグビーの2019年ワールドカップ(W杯)日本大会のチケット販売が、19日から先行抽選などの形で順次始まる。ラグビーW杯は欧米・オセアニアから富裕層が多く訪れ、観戦に加えて観光面の効果も大きい大型イ …続き (18日 11:26)

ハイライト・スポーツ

[PR]