2018年4月25日(水)

ラグビー

日本、欧州予選勝者と開幕戦 ラグビーW杯日程決まる

2017/11/3付
保存
共有
印刷
その他

 ラグビーの2019年ワールドカップ(W杯)日本大会の組織委員会は2日、大会日程を発表し、1次リーグA組で世界ランク11位の日本は、9月20日の東京・味の素スタジアムでの開幕戦で、欧州予選の勝者と戦うことになった。欧州予選はルーマニアがリードし、出場が有力視されている。

2019年ラグビーW杯の試合日程などを発表する元日本代表の増保輝則さん(右)と室伏広治さん(2日、東京都港区)

2019年ラグビーW杯の試合日程などを発表する元日本代表の増保輝則さん(右)と室伏広治さん(2日、東京都港区)

 第2戦以降は9月28日に世界ランク4位のアイルランド、10月5日に欧州とオセアニアによるプレーオフの勝者、13日に世界ランク6位のスコットランドと対戦する。試合間隔が中6~7日と空き、調整しやすい日程になった。第3戦はオセアニアのサモアとの対戦になる可能性が高い。

 試合会場も発表され、日本は第2戦が静岡スタジアム、第3戦が愛知・豊田スタジアム、第4戦が横浜・日産スタジアムとなった。

 準々決勝は味の素スタジアムと大分銀行ドームで2試合ずつ行う。10月26、27日の準決勝と、11月2日の決勝は日産スタジアムで実施する。

 会場別では味の素スタジアムが8試合と最も多く、次いで7試合の日産スタジアム。収容人数が最も多い日産スタジアムでは集客を見込み、ニュージーランド―南アフリカ、イングランド―フランスなど強豪同士の好カードが組まれた。札幌ドーム、岩手・釜石鵜住居復興スタジアム(仮称)、熊本・えがお健康スタジアムでは2試合を行う。

春割実施中!日経電子版が5月末まで無料!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

ラグビー 一覧

 オーストラリア・ラグビー協会のレリーン・キャッスル最高経営責任者(CEO)が25日、2019年ワールドカップ(W杯)日本大会で決勝などが行われる横浜市の日産スタジアムを視察し、「素晴らしい会場。大観 …続き (19:30)

 ラグビーのトップリーグ、豊田自動織機は25日、サニックスから加わったプロップの石沢輝(26)ら4選手の入団を発表した。〔共同〕 …続き (16:30)

2015年ラグビーW杯のアメリカ戦でトライを決める南アのハバナ=AP

 ラグビーの南アフリカ代表124キャップを持つ快足WTBで、2007年ワールドカップ(W杯)優勝メンバーのブライアン・ハバナ(34)が24日、今季限りでの現役引退を発表した。写真共有アプリ「インスタグ …続き (9:30)

ハイライト・スポーツ

[PR]