/

この記事は会員限定です

PANA通信社と戦後日本 岩間優希著

「アジア」発信した報道人たち

[有料会員限定]

「PANA通信社?」と首をかしげる人が多いはずだ。パン・アジア・ニュースペーパー・アライアンス(汎アジア新聞同盟)と説明されても同じである。まして、この奇妙な社名も2013年、「時事通信フォト」に変わっている。

だが、この通信社の歴史からは「アジアの情報発信をめぐる戦後日本の挑戦と挫折」が鮮やかに浮かび上がる。それにしても、社史すら存在しない弱小通信社の歩みをサイゴン、東京、重慶、香港、シンガポ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り731文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン