/

この記事は会員限定です

忍者 はたしてその正体は

古文書読み解き研究、国内外ファン向け催しで解説 山田雄司

[有料会員限定]

海外でも人気を集める日本の忍者。もっとも、この「忍者」という呼称自体、昭和30年代に小説などで使われ、定着したもので、歴史的には「忍び」と呼ばれてきた。ほかに「乱波(らっぱ)」「透波(すっぱ)」「草(くさ)」「奪口(だっこう)」「かまり」などの異名がある。

◆ ◇ ◆

地味な服で情報収集

黒装束で素早く動き回り、手裏剣を投げて敵を倒す、というのも後から生まれたイメージ。実際の忍者は地味な服に身を包み...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1570文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン