2017年11月20日(月)

トランプ政権と米の針路(創論) アド・マチダ氏/エミリー・サスマン氏

時論・創論・複眼
2017/10/31付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

 トランプ米大統領が11月5日の来日を手始めにアジアを初めて歴訪する。「米国第一」を掲げ、大統領選に勝って1年。今年1月の就任後は、保護主義的な経済政策や北朝鮮、イランとの対決的姿勢で世界を揺るがせ、不規則発言が波紋を広げる。型破りな大統領は米国をどこへ導こうとしているのか。政権移行チームを担った共和党のアド・マチダ氏と、民主党系シンクタンクのエミリー・サスマン氏に聞いた。

◇  ◇

来年夏には安定

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今なら有料会員限定記事がすべて読めます!
電子版10日間無料お試しキャンペーンは11月20日まで!

電子版トップ

関連キーワードで検索

創論米国政府アド・マチダトランプ政権



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報