米副大統領補佐官「貿易・投資、新ルールを」 日米2国間で
富士山会合

2017/10/29付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

国際関係や安全保障について日米の政府関係者や有識者が話し合う国際会議「富士山会合」(日本経済研究センター、日本国際問題研究所共催)が28日、東京都内で開かれた。講演したトム・ローズ米副大統領補佐官は「米国はバランスの取れた経済関係を求めている」と述べ、日米の2国間で貿易や投資に関する新たなルール策定を急ぐ考えを示した。

ローズ氏はペンス副大統領の上級顧問兼首席戦略官も務めるトランプ政権の中枢の一…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]