トランプ氏、11月に5カ国歴訪 アジア回帰継続の試金石
「北朝鮮」「貿易不均衡」カギ

2017/10/27付
情報元
日本経済新聞 朝刊
共有
その他

【ワシントン=永沢毅】トランプ米大統領は11月5~14日の日程で就任後初めてアジア5カ国を訪れる。北朝鮮問題の打開に向けた包囲網強化や、貿易不均衡など経済問題が焦点だ。オバマ前政権の政策踏襲を拒み、自国第一主義を強調するトランプ政権を前に、アジア各国では安全保障と米国製品購入を絡める米の姿勢に不安を募らせる。オバマ氏が進めたアジア回帰政策は続くのか。歴訪はトランプ氏のアジア関与への本気度を測る試…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]