東芝、執行役を8人削減
24日臨時総会 半導体売却、上場対策が焦点

2017/10/24付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

東芝は23日、執行役の人数を23人から15人に11月1日付で減らすと発表した。10月の主力事業の分社化に伴ってグループ経営の体制が変わったことを受け、執行体制をスリム化する。24日には臨時株主総会を開き、半導体メモリー事業の売却や取締役選任などを諮る。会計不祥事などで失った株主の信頼を回復できるか、さっそく問われる。

人事・総務担当の牛尾文昭代表執行役専務、技術統括などの西田直人執行役専務、プロ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]