/

この記事は会員限定です

和時計 刻んだ江戸の日々

独特の時刻制に対応し発達 動く速さ変える仕組み解明 岡田和夫

[有料会員限定]

現代では正確な時刻を知らせる時計が生活に欠かせない。しかし、このような時計が日本で用いられるようになったのは明治時代になってからである。主に江戸時代に使われ、世界的にも独自に発達した和時計。私は30年近く、その収集と研究を続けている。

▲ ● ▼

宣教師がもたらす

文献で確認できる限り、日本に初めて機械式時計がもたらされたのは1551年。宣教師フランシスコ・ザビエルが現在の山口県の大名、大内義隆に贈...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1551文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン