ラグビー

ラグビートップリーグ、20年度に新リーグ移行
ホーム明確化、独立採算促す

2017/10/19付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

日本ラグビー協会はトップリーグを2020年度から新リーグに移行する方針を固めた。各チームのホームスタジアムを明確にし、地域に密着した運営を強化。チームがチケット販売などで収入を集めやすくする。アジア各国で試合を開く構想もある。協会は既にチームに方針を伝えており、11月に意向を回答してもらう。19年ワールドカップ(W杯)日本大会後もリーグが発展できる体制を整える狙いがある。

トップリーグは事実上の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

ラグビーW杯日本大会まで2年

ラグビーコラム

電子版トップスポーツトップ

ラグビー 一覧

慶大―早大の後半、トライを決める早大・河瀬(22日、秩父宮)=共同

 ラグビーの関東大学リーグは23日、東京・秩父宮ラグビー場などで対抗戦の3試合が行われ、昨季の大学王者、早大が慶大を22―11で下して開幕6連勝とした。優勝争いは早大と5勝1敗の明大に絞られ、12月6 …続き (23日 17:41)

フランス代表のCTBバカタワ(中)。この試合唯一のトライを決め勝利に貢献した(22日、英エディンバラ)=ロイター

 ラグビーの国際大会「オータムネーションズ・カップ」は22日、英国のエディンバラでB組の1試合が行われ、フランスがスコットランドを22―15で下した。中止となったフィジー戦が大会規定により不戦勝扱いの …続き (23日 12:41)

帝京大―明大の前半、パスを出す明大・飯沼=左端(22日、秩父宮)=共同

 ラグビーの関東大学リーグは22日、東京・秩父宮ラグビー場などで行われ、対抗戦は明大が帝京大に39―23で逆転勝ちし、5勝1敗とした。帝京大は2敗目(4勝)を喫し、優勝の可能性がなくなった。

 明大は前 …続き (22日 20:57)

ハイライト・スポーツ

[PR]