2018年2月22日(木)

ラグビー

ラグビートップリーグ、20年度に新リーグ移行
ホーム明確化、独立採算促す

2017/10/19付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

 日本ラグビー協会はトップリーグを2020年度から新リーグに移行する方針を固めた。各チームのホームスタジアムを明確にし、地域に密着した運営を強化。チームがチケット販売などで収入を集めやすくする。アジア各国で試合を開く構想もある。協会は既にチームに方針を伝えており、11月に意向を回答してもらう。19年ワールドカップ(W杯)日本大会後もリーグが発展できる体制を整える狙いがある。

 トップリーグは事実上の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップスポーツトップ

ラグビーW杯日本大会まで2年

ラグビーコラム

ラグビー 一覧

 日本ラグビー協会は22日、6月2日にトップリーグのヤマハ発動機とイタリア選抜が長野Uスタジアムで国際親善試合を行うと発表した。イタリア選抜は6月9、16日に日本代表とテストマッチで対戦するイタリア代 …続き (21:00)

 スーパーラグビーの日本チーム、サンウルブズの運営会社は22日、今季のチーム日程で開催地が決まっていなかった5月19日のストーマーズ(南アフリカ)戦が、香港で行われると発表した。〔共同〕 …続き (20:49)

 スーパーラグビー(SR)の日本チーム、サンウルブズは22日、東京・秩父宮ラグビー場で24日に行われるブランビーズ(オーストラリア)との今季初戦の登録メンバーを発表し、SH流共同主将やフランカー姫野ら …続き (16:33)

ハイライト・スポーツ

平昌五輪特設ページ

[PR]