NAFTA、年内を断念 トランプ氏「米国第一」固執

2017/10/19付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

【ワシントン=鳳山太成】トランプ米政権が通商政策で「米国第一」にこだわっている。17日に終わった北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉の第4回会合は、自動車貿易で米国製品の優遇を要求。反発するカナダとメキシコに米政府が不満を表し、目標としていた年内の妥結を断念した。トランプ氏が公約に掲げた貿易赤字の削減で一歩も引かない構えだ。

「大統領は明白だ。貿易赤字が大きな問題であり、我々は貿易赤字を減らすつ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]