2019年7月24日(水)

最高指導部に栗・汪氏 中国共産党大会
「ポスト習」世代処遇も焦点

2017/10/18付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

【北京=永井央紀】中国共産党の第19回党大会が18日、北京の人民大会堂で開幕する。新たに選ぶ最高指導部(政治局常務委員)人事では、2期目に入る習近平総書記(国家主席)の最側近の一人である栗戦書・中央弁公庁主任と、実務派の汪洋副首相の昇格がほぼ固まった。「ポスト習」世代の処遇も焦点で、習氏は人事を通じ権力基盤を盤石にしたい考えだ。

党大会報道官は17日の記者会見で、党大会の閉幕日は24日になると発…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。