トランプ政権、目立つ失策
被災地プエルトリコ支援 動き鈍く

2017/10/14付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

巨大ハリケーンで被災した自治領プエルトリコへの対応を巡り、米国内でトランプ政権への非難が強まっている。インフラ再建へ産業界がいち早く協力を表明したのに比べ、先頭に立つべき政権に「失策」が目立つからだ。自身の支持率回復を最優先するトランプ大統領の姿勢が、「米国第一」を訴える格好の機会のはずの災害対応でマイナスに働いた。

米本土から離れたカリブ海に浮かぶプエルトリコの島々は、9月20日に上陸したハリ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]