/

この記事は会員限定です

巣箱つくって 無限の発想

建築家や子どもらに依頼、展示会開き環境保全訴え 芳野大樹

[有料会員限定]

「バードハウスプロジェクト」を始めて25年になる。鳥たちが憩う巣箱を内外で活躍するクリエーターたちにつくってもらう活動だ。斬新な発想の巣箱が集まるが、森の木々に掛けるわけではない。展示会を開いて環境保全を訴えている。合言葉は「地球は巣箱だ」。地球はあらゆる生き物が暮らす、かけがえのない大きな巣箱なのだ。

1993年に当時勤めていた照明器具・家具メーカーの小泉産業(大阪市)が設立50周年を迎えて記念...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1438文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン