/

この記事は会員限定です

尿意 数値化してみた 頻繁な介助にサヨナラ

革新との遭遇(3)

[有料会員限定]

「センサーで尿の量を測れるんです」。取材で記者(28)はこんな話を聞いた。超音波の跳ね返りから尿のたまり具合を計測できる機器で、既に約150の介護施設が導入している。開発元に向かった。

超音波で検知

訪ねたのは2015年に設立し、今春に排尿センサー「DFree(ディーフリー)」の販売を始めたベンチャー企業のトリプル・ダブリュー・ジャパン(東京・渋谷)。創業のきっかけは最高経営責任者の中西敦士さん(33)が米国留学...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り988文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン