/

この記事は会員限定です

パレスチナの子に絵心

難民キャンプで絵画教室、描くことで前向きな人生願う 上條陽子

[有料会員限定]

中東レバノンのパレスチナ難民キャンプで、2001年から子どもたちに絵を教えている。

◎ ◎ ◎

現地を訪問し衝撃

活動の始まりは1999年に遡る。パレスチナを代表する画家の招きで、日本の画家6人とパレスチナ自治区のエルサレム、ラマラ、ガザの巡回展「東京からの七天使」に参加した。イスラエルとパレスチナを訪れるのは初めてだったが「この格差と差別は何だろう」と大きな衝撃を受けた。

イスラエルには美術館がい...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1539文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン