2017年12月15日(金)

マイゴルフ

フォローする

アプローチ ロブショットはフェース開く
小田龍一(10)

2017/10/13 6:30
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

 アプローチは基本はピッチエンドランで、クラブはサンドウエッジ(SW)一本。転がしを覚えた方が、動きも少なくて済むし、ブレもないから上げるより楽だと思うけど、自信がないのでSWで打っている。引き出しを増やさなければと思っているが、このスタイルを貫いている。

 左足体重気味にして、多少ハンドファースト、スイングは同じスピード、同じ力感でといろいろとチェックするポイントはあるけど、最も心がけていることは…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップスポーツトップ

関連キーワードで検索

マイゴルフ小田龍一アプローチロブショットSW

ゴルフコラム

スコアアップヘ

マイゴルフ 一覧

フォローする
プロに転向して数年は自分のゴルフを見失っていた

 日本アマ2位の資格で初出場した2005年日本オープンは、通算10オーバーで予選落ちした。「こんな難しいところでプレーするのか。ヤバイ」。プロは無理だと思った。茨城・水城高を卒業すると、東北福祉大に進 …続き (12/15)

水城高時代、ゴルフ人生で一番練習した

 机に向かって座っているとすぐに眠くなる。受験勉強はしたくなかったので、よく一緒にラウンドした清田太一郎選手の父親の紹介で、水戸の水城高に進学することになった。
 寮生活に憧れていたが、福岡だと「帰って …続き (12/8)

遊び優先で練習は後回しだった=西本政明撮影

 クラブを握ったのは小学3年の終わり頃。牧場を経営していた祖父・孝之がゴルフ好きで、トップアマだった清田太一郎選手の父親と親しく、清田先輩が少年時代に使っていたクラブを頂いた。
 僕はゴルフなんて知らな …続き (12/1)

ハイライト・スポーツ

会員権相場情報

[PR]