マイゴルフ

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

アプローチ ロブショットはフェース開く
小田龍一(10)

2017/10/12付
共有
保存
印刷
その他

 アプローチは基本はピッチエンドランで、クラブはサンドウエッジ(SW)一本。転がしを覚えた方が、動きも少なくて済むし、ブレもないから上げるより楽だと思うけど、自信がないのでSWで打っている。引き出しを増やさなければと思っているが、このスタイルを貫いている。

 左足体重気味にして、多少ハンドファースト、スイングは同じスピード、同じ力感でといろいろとチェックするポイントはあるけど、最も心がけていることは打ち急がないことだ。急ぐと体が突っ込んで右でさばけなくなり、フェースがボールに刺さる。スイングは本当にパターの延長のようなつもりで、手首を使うことなく、何もしないくらいの気持ちで振るのが理想だ。

思い切りよく、振り切る勇気が大切

思い切りよく、振り切る勇気が大切

 アマチュアの方のプレーを見ていて気になるのがロブショット。上達のカギは思い切りのよさ、フェースを開く勇気と振り切る勇気だと思っている。アマの人は開かないというよりは、怖がって開けないように見える。実際に僕がフェースを開いて見せても、どこに当たるか分からないからか、「いやいや、これでは打てない」となる。

 ただ、フェースが立っていると、バンカーの砂が多く入り込んだり、芝が刺さったりして、ミスショットにつながる。ソールの出っ張った部分の「バンス」を当てるようなイメージを持てばいいだろう。バンスをうまく使えば跳ねるから、絶対にダフらない。ロブショットはフェースを開くのが大前提で、振り切ることが一番いい。

 僕が練習場で繰り返しているのは、SWのフルショットだ。普通にフルショットすれば30~50ヤードは飛ぶと思うけど、フェースを開いてあえて10ヤードも飛ばない練習をしている。そうすると、ロブショットもバンカーショットも簡単に思えてくる。SWはいろいろな球を打って、どんどん遊ぶことが大事だ。

人気記事をまとめてチェック

「スポーツ」の週刊メールマガジン無料配信中
「スポーツ」のツイッターアカウントを開設しました。

マイゴルフをMyニュースでまとめ読み
フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

関連キーワードで検索

マイゴルフ小田龍一アプローチロブショットSW

ゴルフコラム

スコアアップヘ

マイゴルフ 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

思い切りよく、振り切る勇気が大切

 アプローチは基本はピッチエンドランで、クラブはサンドウエッジ(SW)一本。転がしを覚えた方が、動きも少なくて済むし、ブレもないから上げるより楽だと思うけど、自信がないのでSWで打っている。引き出しを …続き (10/13)

スイングの基本はフルショットだ

アイアン 緩めず振り切る [映像あり][有料会員限定]

 アイアンが苦手な自分は、ついラインを出そうとしてしまう。大概そういうときは曲がっているので、緩めることなくしっかりと振り切るイメージを持っている。気を配るのは球を押さえつけないようにすること。ドライ …続き (10/6)

小田プロ

 2002年にツアーに参戦してからドライビングディスタンスは300.45ヤード、303.53ヤードと2年連続で“ドラコン王”に輝いた。昨季は282.88ヤードで、今季は290ヤードくらいか。飛ばなくな …続き (9/28)

ハイライト・スポーツ

会員権相場情報

[PR]