2018年1月22日(月)

マイゴルフ

フォローする

アプローチ ロブショットはフェース開く
小田龍一(10)

2017/10/13 6:30
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

 アプローチは基本はピッチエンドランで、クラブはサンドウエッジ(SW)一本。転がしを覚えた方が、動きも少なくて済むし、ブレもないから上げるより楽だと思うけど、自信がないのでSWで打っている。引き出しを増やさなければと思っているが、このスタイルを貫いている。

 左足体重気味にして、多少ハンドファースト、スイングは同じスピード、同じ力感でといろいろとチェックするポイントはあるけど、最も心がけていることは…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経電子版が2月末まで無料!初割のお申し込みは1月31日まで!

電子版トップスポーツトップ

関連キーワードで検索

マイゴルフ小田龍一アプローチロブショットSW

ゴルフコラム

スコアアップヘ

マイゴルフ 一覧

フォローする
ヘッドアップをせず、ボールを上げにいかない

 バッグの中にウッド系のクラブはドライバーのほかスプーン(3番ウッド)と19度のユーティリティー(UT)を入れている。スプーンはティーアップして280ヤード、地面からだと260ヤード、UTは240ヤー …続き (1/19)

ドライバーショット

 「飛ばしのコツ」についてよく聞かれるが、アマチュア時代は勝手に飛んでいた。だがプロになってからは、OBなどミスをしたときの記憶が体に残り、振りたくても昔のようには思い切って振れなくなった。今でも歯が …続き (1/11)

いいリズムで振れば軸ができてくる

 スイングで一番大切にしているのはリズム、タイミングだ。打ち急がずに「ヨイショッ」。端から見てバランスのいいタイミングで、大きく振りたい。いいリズムで振れば、勝手にいいスイング軸ができるはず。自分で軸 …続き (1/5)

ハイライト・スポーツ

会員権相場情報

[PR]