2018年4月21日(土)

マイゴルフ

フォローする

アプローチ ロブショットはフェース開く
小田龍一(10)

2017/10/13 6:30
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

 アプローチは基本はピッチエンドランで、クラブはサンドウエッジ(SW)一本。転がしを覚えた方が、動きも少なくて済むし、ブレもないから上げるより楽だと思うけど、自信がないのでSWで打っている。引き出しを増やさなければと思っているが、このスタイルを貫いている。

 左足体重気味にして、多少ハンドファースト、スイングは同じスピード、同じ力感でといろいろとチェックするポイントはあるけど、最も心がけていることは…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

春割実施中!日経電子版が5月末まで無料!

電子版トップスポーツトップ

ゴルフコラム

スコアアップヘ

マイゴルフ 一覧

フォローする

 僕の持ち球はフェード。スタンスはややクローズで、肩はオープンめ、膝や腰、胸はスクエアだ。6―4で重心を左にのせ、土踏まずをベタッと地面につける感覚で構えている。「気をつけ」をしてから左足を1足分開き …続き (4/20)

バランスのよいスクエアグリップはアマチュアにもお勧めという

 ジュニアの頃からグリップはずっとインターロッキングだ。僕の場合、ポイントは両手の親指の腹の部分をシャフトに乗せ、爪が真っすぐ上を向くように握ること。昔はドローボールを打っていたのでフック気味に握って …続き (4/13)

「早くもう1勝したい」という気持ちでいる

 ツアー初参戦した2017年、7月のセガサミー杯(北海道)で4日間一度もオーバーパーを打たず、通算10アンダーと思うようなゴルフができた。19位は自己ベスト。確かな手応えをつかみ、次戦の福島の大会で6 …続き (4/6)

ハイライト・スポーツ

会員権相場情報

[PR]