/

この記事は会員限定です

物言う株主、P&Gなど名門狙う 余剰マネーが支え

[有料会員限定]

米国の名門企業がアクティビスト(物言う株主)の標的になっている。10日には役員の派遣を要求された米プロクター・アンド・ギャンブル(P&G)が委任状争奪戦を実施。会社側が勝利宣言したものの争いの火種が残る接戦だった。彼らを勢いづかせているのは低金利で行き場のなくなった投資マネーだ。機関投資家らの支持も得て名門に変革を迫る。

「この結果は投資家のために正しいことを迅速に実行すべきだという我々へのメッセ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1146文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン