/

この記事は会員限定です

神の手でも減らせぬ借金 先端医療、負担にメスを

未来との摩擦(1)

[有料会員限定]

男性が穴の空いた1センチほどの物体をつかみ、短い棒に差し込もうとしている。つかむのは自分の手ではない。数メートル先にある試作段階のロボットアームだ。男性は拡大された立体画面を3D眼鏡で見ながら手元のレバーでアームをミリ単位で動かす。"神の手"がそこにあった。

手元に感覚再現

医療現場に広がる手術支援ロボット。手術の精度を高め、患者の痛みの軽減や合併症のリスクを下げる。

取材班が訪ねた東京工業大発ベンチャーのリバー...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り870文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン