/

この記事は会員限定です

東芝半導体 教訓と課題は(複眼)

斎藤昇三氏/川本明氏/北川哲雄氏

[有料会員限定]

東芝が米投資ファンドを軸とする「日米韓連合」へ半導体メモリー事業を売却する契約を結んだ。売り先候補が二転三転するなど、迷走した交渉が残した教訓は何か。「日の丸半導体」の最後のとりでが、厳しい国際競争を勝ち抜くための課題はどこにあるのか。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り4360文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン