新風 Silicon Valley(日経産業新聞)

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

サンノゼが大変貌 グーグルの超巨大オフィス計画
フィル・キーズ(米インタートラストテクノロジーズ マネジャー)

2017/9/26付
共有
保存
印刷
その他

 「シリコンバレー」という言葉は世界的に知られているが、実はこの言葉は具体的な地名ではない。

 「シリコンバレーにおける主要都市はどこですか」と聞いたら、多くの人は「サンフランシスコ市だ」と答えるだろう。実はサンフランシスコの人口は約87万人でしかなく、サンフランシスコの南に位置するサンノゼ市の人口の約103万人より少ないのだ。それでもサンノゼは歴史的にシリコンバレー以外の人だけでなく、シリコンバレーの中に住んでいる人の間でも知名度が低い。

グーグルの新本社の内部のイメージ図(2015年2月公表)
画像の拡大

グーグルの新本社の内部のイメージ図(2015年2月公表)

 しかし、この状態が変わろうとしている。グーグルがサンノゼに約65万~74万平方メートルの広さのオフィススペースを設けようとしているのだ。

 これだけの広さになるとオフィスというよりも「オフィス街」と言うべきかもしれない。現在のサンノゼの中心部(ダウンタウン)には約46万平方メートルのオフィス街しかないからだ。

 グーグルのほかにも、アップルやアマゾン・ドット・コムがサンノゼにオフィスを建てる予定がある。アドビシステムズはサンノゼにあるオフィスのスペースを拡大させる考えもある。こうした有力企業の活動がサンノゼの知名度を一気に高める可能性がある。

 サンノゼはスペインの植民都市として1777年に誕生した。歴史的にサンノゼは果樹や野菜などの農作物の産地として知られている。文化活動が活発なサンフランシスコと比べると、サンノゼにはのんびりとした住宅街の印象がある。

 現在のシリコンバレーの発展のルーツである半導体やハードディスクなどのハードウエア産業は、サンノゼの近辺で育った。だが、1990年代からシリコンバレーにおける注目産業はソフトウエアとインターネットにシフトした。この産業で働いている人たちの多くは都会での生活を望んでいる。サンフランシスコの中心部に住居を持ち、そこから60キロメートル程度離れているフェイスブックやグーグルの本社に通勤している人をよく目にする。

 グーグルがサンノゼにオフィスを建設している理由は2つ考えられる。1つはサンフランシスコには土地が不足していることだ。今から新しいビルを建てるのは難しい。もう1つの理由はサンノゼが公共交通機関を充実させていることだ。

カリフォルニア大学バークレー校在学中に交換留学で来日。日本のIT(情報技術)産業にも詳しく、技術誌やウェブサイトなどでジャーナリストとして活動。日本での勤務経験もある。

カリフォルニア大学バークレー校在学中に交換留学で来日。日本のIT(情報技術)産業にも詳しく、技術誌やウェブサイトなどでジャーナリストとして活動。日本での勤務経験もある。

 今のシリコンバレーは経済活動が活発で住宅地の価格が上がっている。そのため職場から遠い地域に住んでいる人が多くなっている。さらにシリコンバレーは公共交通機関が整備されていないため、移動は自動車に頼らざるを得ない。その結果、グーグルの本社があるシリコンバレーでの交通渋滞はかなり深刻になっている。

 だが、グーグルがオフィスを持とうとしているサンノゼの中心部には4つの鉄道路線やバスが止まる駅がある。この駅には新たな路線新設の計画もある。こうした充実した公共交通機関がグーグルにとって魅力的だったようだ。

 すでにサンノゼの住宅価格が上がっているという話も聞こえてくる。ホテルの建築も相次いでいる。教育レベルや所得水準が比較的高いグーグルの社員がサンノゼに移ると、サンノゼの経済や文化に重要なインパクトを与えそうだ。

 サンノゼがサンフランシスコのような観光都市になるとは考えにくいが、少なくともシリコンバレーにいる人たちの間でサンノゼの印象は大きく変わるだろう。

[日経産業新聞2017年9月26日付]


「日経産業新聞」をタブレットやスマートフォンで

 全紙面を画面で閲覧でき、各記事は横書きのテキストでも読めます。記事の検索や保存も可能。直近30日間分の紙面が閲覧可能。電子版の有料会員の方は、月額1500円の追加料金でお読み頂けます。


人気記事をまとめてチェック

「テクノロジー」の週刊メールマガジン無料配信中
「テクノロジー」のツイッターアカウントを開設しました。

新風 Silicon Valley(日経産業新聞)をMyニュースでまとめ読み
フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

【PR】

新風 Silicon Valley(日経産業新聞) 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

中国の騰訊控股(テンセント)は交流サイト(SNS)で急成長した=ロイター

ロイター

背筋の凍る思いがしたテンセント幹部の発言

 事業会社のスタートアップへの出資や戦略的パートナーシップ提携、オープンイノベーションは世界的なトレンドになっている。この分野でもっとも早く動いた米国の成熟企業、例えばゼネラル・エレクトリックやインテ…続き (10/20)

独SAPのシリコンバレーオフィス(カリフォルニア州パロアルト)

シリコンバレーの独企業に学ぶ 革新生む型づくり

 日本企業の「シリコンバレー熱」は冷めず、日本からの視察団が引きも切らず訪れる。しかし残念ながら「面白いけれども、文化が違いすぎる」との感想で終わることも多いようだ。
 なぜなら多くの日本企業にとっての…続き (10/6)

グーグルの新本社の内部のイメージ図(2015年2月公表)

サンノゼが大変貌 グーグルの超巨大オフィス計画

 「シリコンバレー」という言葉は世界的に知られているが、実はこの言葉は具体的な地名ではない。
 「シリコンバレーにおける主要都市はどこですか」と聞いたら、多くの人は「サンフランシスコ市だ」と答えるだろう…続き (9/29)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

TechIn ピックアップ

10月20日(金)

  • 「AIスピーカーと差異化」 ソニー、技術内製化で実現
  • 「Google Home Mini」レビュー―「Google Assistant」の実力は
  • 激化するスマートスピーカー商戦、囲い込み策は2つ

日経産業新聞 ピックアップ2017年10月20日付

2017年10月20日付

・米ツナミ、VRで部品組み立て研修
・サイバーブル、電子看板にネット動画広告配信
・モフィリア、指先1つで静脈認証
・何でもつかむぞ万能ロボハンド 東北大、柔軟に変形
・フジクラ、伸縮・曲げ自在な電子回路…続き

[PR]

関連媒体サイト