2018年1月23日(火)

走る木質チップ工場 発電所向け、小回り得意

(1/2ページ)
2017/9/23 6:30
情報元
日経産業新聞
保存
共有
その他

 ごみ収集車などを製造する富士車両(滋賀県守山市、上川毅社長)は、林業の現場などで木質チップを作り、そのまま運搬できる専用車を開発した。全国的に急増するバイオマス(生物資源)発電所向けに、チップの製造所を介さずに山林から燃料を直接運ぶことができる。一般的な間伐材から竹まで対応できる。

 富士車両が新たに開発した車両「CUTICK(キュティック)」は、一見、ごみ収集車のような形だ。車両後部に設けた専用…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経電子版が2月末まで無料!初割のお申し込みは1月31日まで!

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報