/

この記事は会員限定です

消費税収 膨らむ使途 全世代型社会保障、教育も対象

[有料会員限定]

安倍晋三首相が検討する2019年10月の消費増税の使途見直しは、現役世帯の負担軽減や個人消費の拡大につながる一方、大幅な歳出増を招く恐れがある。消費税の増収分はこれまで、社会保障に限定すると説明していたが、教育などの他の分野にも道を開くことになるためだ。社会保障の持続可能性が揺らぎかねず、自民党内からは安易な使途拡大を招きかねないと批判の声があがった。

「問題外、論外だ。社会保障が、がたがたになっ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1023文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン