THAADなぜ韓国に配備? 高高度でミサイル迎撃

2017/9/8 2:30
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

【ソウル=鈴木壮太郎】韓国国防省は7日、在韓米軍が地上配備型ミサイル迎撃システム(THAAD)の発射台4基を慶尚北道星州(ソンジュ)に臨時配備したと発表した。THAAD配備の狙いと課題は何か。

Q THAADはどのような装備か。

A 射程3000キロメートル以下の弾道ミサイルが飛来した際に、地上40~150キロメートルの高高度で迎撃するミサイル防衛システム。車載の統制所とレーダー、発射台6基、ミ…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]