Eの新話(日経産業新聞)

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

環境分野でデジタル革命 周辺整備が不可欠
三井物産戦略研究所シニア研究フェロー 本郷尚

2017/9/7付
共有
保存
印刷
その他

 人工知能(AI)、ビッグデータなど呼び名は様々だが、情報の蓄積、データの高速処理、インターネット、それにセンサー技術を統合的に活用するデジタル技術のポテンシャルの大きさは誰もが認めるところだ。

画像の拡大

 同分野ではドイツや米国、さらには中国の重電やIT(情報技術)産業の攻勢が目立つ。味方にすれば強いが、出遅れは競争からの落後か、との危機感も強い。とは言え、デジタル革命はまだ十分に使いこなされているとは言えず、これからが本番だ。

 7月末、地球観測・予測データと社会データを高度解析することで社会問題への貢献を目指す文部科学省のプロジェクト「DIAS(データ統合・解析システム)」は、ニーズとシーズのギャップに着目したシンポジウムを行った。

 DIASは2006年度に地球観測情報活用を中心とした国家プロジェクトとして第1期が始まり、10年度にはプロトタイプを開発。現在の第3期では20年度までに民間利用を含め本格的な社会利用を目指している。地球環境情報の蓄積では世界最大規模で、科学技術を活用して超スマート社会を目指す「ソサエティー5.0」への貢献も期待されている。

 シンポジウムではソリューションの研究開発側と、想定される利用側が参加。災害対策、食品と物流、エネルギーの3つの分野で具体的なソリューション開発事例を紹介しつつ議論した。ここから本格活用のヒントが見えてきた。

 起こり得る災害の規模を前提条件に応じて示すハザードマップは減災、避難、復旧の一連の対策を考えるために欠かせないツールだ。都心に張り巡らされた下水道網情報と最新の詳細な気象分析を組み合わせることで、都市型洪水リスクをリアルタイムで道路一本毎に示すことができる。リスクが土地取引価格に反映されるようになれば、リスクに応じた土地利用と対策が進み、被害抑制に貢献するだろう。

 また太陽光発電量は天気によって変動するから需要に合わせて火力発電などで調整している。太陽光発電量を予測できれば、火力発電量を最適化し、最終需要者である国民の負担を減らすことができる。イベントなどによる需要の変化も織り込んで需給を予測すれば、さらに効果的だ。しかし電力を安定させれば収入が増えるような電力市場の改革なしにはビジネスは大きくは動かない。

 気象関連のサービスはデジタル革命が生かしやすい分野だが、デジタル革命の便益を生かせるような経済や社会へと仕組みを変革することも欠かせない。

 課題がわかれば解決も近い。そうなれば気になるのは日本の得意とするモノ作りへの影響だ。

 消費者は欲しいものを簡単に発信できる。求めているものがモノではなくモノが生み出すサービスであることが明確になるし、また無駄な生産がなくなるからコスト引き下げにもつながる。消費者にとってはうれしい話だ。

 他方、生産や流通側は多様な消費者の需要に迅速かつ廉価に対応できることが求められる。モノ作りにとって競争激化と脅威だが大きなチャンスにもなる。日本にはモノ作りの経験、気象など自然環境や人やモノの動きなど社会科学の情報の蓄積、情報を効率的に収集するセンサー技術、それに情報解析技術がある。デジタル革命は脱大量生産、顧客優位の時代とゲームチェンジの始まりであり、日本の成長戦略に欠かせない。

 消費者と産業がともにデジタル革命の便益を享受するには社会・経済システムなど周辺環境の整備も必要であり、そこは政府の出番だろう。

[日経産業新聞2017年9月7日付]


「日経産業新聞」をタブレットやスマートフォンで

 全紙面を画面で閲覧でき、各記事は横書きのテキストでも読めます。記事の検索や保存も可能。直近30日間分の紙面が閲覧可能。電子版の有料会員の方は、月額1500円の追加料金でお読み頂けます。


人気記事をまとめてチェック

「テクノロジー」の週刊メールマガジン無料配信中
「テクノロジー」のツイッターアカウントを開設しました。

Eの新話(日経産業新聞)をMyニュースでまとめ読み
フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

【PR】

Eの新話(日経産業新聞) 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

ダウ・デュポンが出資比率を引き上げるサウジアラビアの石化複合施設=ロイター

ロイター

サウジ合弁買い増すダウ 米と中東の2極体制へ備え

 米ダウ・ケミカルと米デュポンが8月31日に統合手続きを終え、世界最大の総合化学メーカー、ダウ・デュポンが発足した。ダウ・ケミカルはその直前、サウジアラビアでの巨大合弁事業について、出資比率の引き上げ…続き (9/18)

環境分野でデジタル革命 周辺整備が不可欠

 人工知能(AI)、ビッグデータなど呼び名は様々だが、情報の蓄積、データの高速処理、インターネット、それにセンサー技術を統合的に活用するデジタル技術のポテンシャルの大きさは誰もが認めるところだ。
 同分…続き (9/11)

日本が議長国を務めたCOP10で名古屋議定書は採択された

名古屋議定書、国内でも効力 生物多様性保全へ一歩

 8月20日、わが国でもようやく効力が生じることとなった「生物の多様性に関する条約の遺伝資源の取得の機会及びその利用から生ずる利益の公正かつ衡平な配分に関する名古屋議定書」は、2010年10月18~2…続き (9/4)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

TechIn ピックアップ

09月22日(金)

  • EV化による国内自動車関連メーカーの明暗 厳しい時代迎える部品会社も
  • 攻撃者が狙うシステムの弱点は5つ
  • そこに「座る」だけでアニメのキャラクターと遊べる──ディズニーが開発した「マジックベンチ」の実力

日経産業新聞 ピックアップ2017年9月22日付

2017年9月22日付

・レシート、スマホで9割超読み取り、ISP
・薬副作用、iPSで予測 武田、早期に安全性見極め
・花火・海外挙式、VRで体感 近ツー、遠隔地に同時中継
・農作業の負担軽く、電動台車が自動追尾 中西金属工業
・抗がん剤を使いやすく、シンバイオ 米社技術導入…続き

[PR]

関連媒体サイト