VWゲートの後遺症 本社コメンテーター 中山淳史

2017/9/1 2:30
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

世界を揺るがせた自動車スキャンダルは、日本の2つの技術がカギを握っていた。一つはトヨタ自動車のハイブリッド車「プリウス」。もう一つは堀場製作所の車載型排ガス計測システムだ。

独フォルクスワーゲン(VW)によるディーゼル車の排ガス不正が米国で発覚してから、9月で丸2年になる。同社が違法行為に手を染めたのは、ライバル視したプリウスの環境性能があまりにも優れていたためだった。

VWは米市場の再攻略と、…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]