/

絵本「えんとつ町のプペル」 成功生んだクラウド調達

アジャイルメディア・ネットワーク取締役 徳力基彦

お笑い芸人のキングコング・西野亮廣さんがつくった絵本「えんとつ町のプペル」の勢いが止まらない。出版不況がさけばれるなか、プペルの発行部数は発売から1年を待たずに30万部を突破した。

先日長野で開催された信州ブランドウェーブというイベントで、西野さんが登壇しプペルの作り方と届け方について講演した。非常に印象に残る点が多かった。

絵本プペルは、業界の常識を良い意味で裏切り続けている作品として知られる。まず、通常の絵本は絵本作家が一人で描くことが多いが、プペルは映画や漫画と同じく、複数のクリエーターがかかわる分業制だ。その原資としてクラウドファンディングを利用し、3000人から1000万円の資金を調達した。

さらに、発売前にプペルの個展を入場無料で開催するためのクラウドファンディングを実施して6000人が参加。4600万円を超える資金が集まっている。

ほかにも絵本のネット上での無料公開などの取り組みが賛否も含めて大きな話題を呼んだ。背景に一貫してあるのは、西野さんのただの「作品」ではもう誰も買わないという問題意識だ。その試行錯誤のなかで西野さんが導いたのが、人は「作品」は買わないが「お土産」は買うという結論だった。

2回のクラウドファンディングに累計で1万人近い人が参加したということは、西野さんの言葉を借りると1万人が絵本づくりにかかわる「体験」をしてくれたということだ。クラウドファンディング参加者にとって、絵本ができる前の段階からその作品にお金を払うという行為は、絵本の制作に自らも少し関わるという「体験」なのだ。

そして一緒に作った「体験」の「お土産」として、作品を提供するというわけだ。旅行のお土産のような感覚だ。

西野さんの中では、絵本の制作や個展のクラウドファンディングも、顧客になってくれるはずの人達に「体験」の機会を提供する行動だ。ポイントは、絵本をその体験の「お土産」にするところにある。絵本の無料公開にしても、賛否論争ですら、西野さんと一緒に議論するという「体験」を提供したと言えるかもしれない。

実は西野さんは、その考え方を、絵本から派生するものにおいても徹底している。プペルのキャラクターや関連グッズの著作権はフリー。例えばプペルの広告のために音楽を作ったが、その音楽もフリー素材として公開している。

その結果、プペル列車やプペルのオーケストラの楽譜が勝手にできていっているそうだ。これも、みんながプペルに関連した作り手として様々な体験をしているということになる。

西野さんの取り組み以外にも、実際に企業のマーケティングにおいても、「体験」により成果をだしている事例は増えている。象徴的なのはいわゆる総選挙だ。AKB総選挙ではCDは好きなアイドルに投票するための投票券になった。

マクドナルド総選挙では、大勢のマクドナルドファンがバーガー1位を選ぶプロセスを「体験」する機会を提供することで、店の売り上げをアップさせた。公約を果たしたバーガーを食べるという行為は、間違いなく総選挙に参加した人達にとってはただの「商品」ではなく、総選挙に参加したという体験の「お土産」になっていたはずだ。

絵本のプペルは既に映画化も決まり、西野さんが公言する100万部という目標も決して不可能な数字ではないと言える。西野さんはその挑戦の過程でおそらく、また体験を提供し、お土産を渡すのだろう。

「コト消費」という発想にも相通じるかもしれないが、西野さんのように「お土産」という言葉を使うと、体験の重要さがよく伝わってくる。皆さんの会社の商品も「お土産」化することができないか、真剣に考えてみてはどうだろう。

[日経MJ2017年9月1日付]

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン