奔流eビジネス

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

絵本「えんとつ町のプペル」 成功生んだクラウド調達
アジャイルメディア・ネットワーク取締役 徳力基彦

(1/2ページ)
2017/9/1付
共有
保存
印刷
その他

 お笑い芸人のキングコング・西野亮廣さんがつくった絵本「えんとつ町のプペル」の勢いが止まらない。出版不況がさけばれるなか、プペルの発行部数は発売から1年を待たずに30万部を突破した。

長野県のイベントで、キングコング西野さんが絵本について語った
画像の拡大

長野県のイベントで、キングコング西野さんが絵本について語った

 先日長野で開催された信州ブランドウェーブというイベントで、西野さんが登壇しプペルの作り方と届け方について講演した。非常に印象に残る点が多かった。

 絵本プペルは、業界の常識を良い意味で裏切り続けている作品として知られる。まず、通常の絵本は絵本作家が一人で描くことが多いが、プペルは映画や漫画と同じく、複数のクリエーターがかかわる分業制だ。その原資としてクラウドファンディングを利用し、3000人から1000万円の資金を調達した。

 さらに、発売前にプペルの個展を入場無料で開催するためのクラウドファンディングを実施して6000人が参加。4600万円を超える資金が集まっている。

 ほかにも絵本のネット上での無料公開などの取り組みが賛否も含めて大きな話題を呼んだ。背景に一貫してあるのは、西野さんのただの「作品」ではもう誰も買わないという問題意識だ。その試行錯誤のなかで西野さんが導いたのが、人は「作品」は買わないが「お土産」は買うという結論だった。

 2回のクラウドファンディングに累計で1万人近い人が参加したということは、西野さんの言葉を借りると1万人が絵本づくりにかかわる「体験」をしてくれたということだ。クラウドファンディング参加者にとって、絵本ができる前の段階からその作品にお金を払うという行為は、絵本の制作に自らも少し関わるという「体験」なのだ。

 そして一緒に作った「体験」の「お土産」として、作品を提供するというわけだ。旅行のお土産のような感覚だ。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 次へ
共有
保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

【PR】

奔流eビジネス 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

女性活躍や働き方改革は日本企業の重要テーマ(広島市のイベント)

IT業界のワーキングマザー 肯定感の共有を

 女優の武井咲さんと歌手のTAKAHIROさんの結婚と、武井咲さんの妊娠が発表された。非常におめでたいニュースであるのに、CMに多数契約する武井さんの違約金が膨大な額になるといった臆測にもとづいた話が…続き (9/17)

訪日外国人向けメディア活況、月間150万人利用も

 一時は停滞を危惧されたインバウンド市場だが、訪日外国人数は順調に増加している。4~6月期の旅行消費額も1兆776億円と過去最高となった。中国人の爆買いはやや落ち着きつつあるが、逆にツアーから個人旅行…続き (9/10)

長野県のイベントで、キングコング西野さんが絵本について語った

絵本「えんとつ町のプペル」 成功生んだクラウド調達

 お笑い芸人のキングコング・西野亮廣さんがつくった絵本「えんとつ町のプペル」の勢いが止まらない。出版不況がさけばれるなか、プペルの発行部数は発売から1年を待たずに30万部を突破した。
 先日長野で開催さ…続き (9/3)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

TechIn ピックアップ

09月20日(水)

  • AIチップと5Gに重点、2018年度概算要求
  • 核に代わる「人工知能の軍事利用」、米中露3国の開発レースの現状
  • EV化や自動運転は本当にメディアが騒ぐほど急激に進むのか?

日経産業新聞 ピックアップ2017年9月20日付

2017年9月20日付

・香港のIT企業「オクト3」、電子コインで資金調達
・キャトル、試供品、狙った顧客層に配布
・日本バルカー、複数用途対応のグランドパッキン販売
・鉄鋼、旺盛な需要下で相次ぐ設備トラブル
・低コストの宅配ロッカー、ウィルポート 外部電源不要に…続き

[PR]

関連媒体サイト