作者・大和和紀さん 歴史ものは古びない

2017/8/29 15:30
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

連載を始めたころ、少女漫画誌は高校生の恋愛ものが中心で、歴史ものは少なかった。でも明治末~大正期に「ハイカラさん」と呼ばれた、えび茶の袴とブーツの女学生を描いてみたい、と編集部を説得した。大正は思想統制やロシア出兵、大震災など大変な時代でもある。それらに翻弄されながらも明るく生きる少女を描こうと思った。

物語の骨子が王道のメロドラマなので、その分ヒロインは少し"破壊"した。けんかっ早くて酒癖の悪…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]