/

この記事は会員限定です

8月商戦、長雨に泣く ビール系・家電軒並み減

挽回狙い在庫処分も

[有料会員限定]

夏季商戦の不振が鮮明になってきた。当初の猛暑予想から一転、関東など東日本の太平洋側を中心に長雨の影響が大きく、8月の夏物商材の消費が低迷した。ビール類は今月中旬までに前年同期比で1割落ち込んだという。ビックカメラが扇風機などの在庫処分セールを実施するなどメーカーや小売り各社は挽回を急ぐ。

ビール類では「今月の上中旬は長雨が響き、市場全体で前年同期に比べて約1割減った」とキリンビールはみる。足元は酒の安売り規制...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り636文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン