先読みウェブワールド

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

100年前の名演説が聴ける 電子アーカイブが隆盛
瀧口 範子(フリーランス・ジャーナリスト)

2017/8/28付
共有
保存
印刷
その他

 最近ウェブサイトを閲覧していると、面白いデジタル・アーカイブに行きあたって、すっかり熱中してしまうことがある。博物館や美術館がデジタル・アーカイブを設けているのは知られているが、今や多様な組織がアーカイブをネット上で公開していて、いながらにしていろいろな知識が得られるのだ。

IBMでは、1915年の伝説の演説が聴ける
画像の拡大

IBMでは、1915年の伝説の演説が聴ける

 外国人にとって興味深いのは、米国企業、それも歴史ある企業のアーカイブだろう。IBM、コカ・コーラ、フォード・モーターなどはかなり充実したアーカイブをネット上で公開している。

 各社のサイトでは、詳細の社史が時間軸に沿ってアクセスできるようになっていたり、その時々のエポックメーキングな出来事が編集されていたりする。IBMのアーカイブでは、1915年にトーマス・J・ワトソンが「Think(考えろ)」と呼びかけた演説の録音まで聞ける。

 「われわれは、読み、聞き、議論し、観察し、そして考えることを通して学ばなければならない。(中略)問題は、われわれが考えなくなってしまうことだ。なぜなら、考えるのは面倒だからだ」。同氏の語りは100年後の今も十分響く。

 また、アーカイブには、当時の製品だけではなく、広告や印刷物なども掲載されていて、ビジュアルに歴史の移り変わりが感じられる。知らなかったこともたくさん載っていて驚く。例えば1960年代に売り出されたダイエット版のコカ・コーラは、女性科学者たちが中心になって開発したとか、IBMはかつて時計を作っていたなどは、アーカイブを見るまで思いもよらなかった。

 どのページにも詳しい説明が加えられている。単に広報活動として公開しているのではなく、歴史の専門家や司書が関わって本格的に整理しているのだろう。

 見ていて楽しいのは、化粧品やファッション・ブランドだ。ジーンズのリーバイスは、実際のアーカイブからテーマを作り出して、物語として構成している。60年前のデニムの見本が出てきたり、同社が1910年代末に女性のための初めてのデニム服を作ったものの売れなかったという話が、当時の広告と一緒に表れたりする。「まさにアメリカだなあ」と感じられる項目ばかりだ。

 訪問販売で知られていた化粧品のエイボンのアーカイブは、企業と技術に関する古い資料を収集するヘイグリーという美術館が運営している。アーカイブには「販売員」に絞ったカテゴリーがあり、時代ごとにトップの売り上げを達成した販売員の写真などが見られる。同社にとって彼女らの存在が重要だったことがわかる。また、1920年代に販売員が持ち歩いていたカラフルな商品カタログが、ページを繰って閲覧できる。

たきぐち・のりこ 上智大外国語(ドイツ語)卒。雑誌社、米スタンフォード大客員研究員を経てフリージャーナリストに。米シリコンバレー在住。大阪府出身。

たきぐち・のりこ 上智大外国語(ドイツ語)卒。雑誌社、米スタンフォード大客員研究員を経てフリージャーナリストに。米シリコンバレー在住。大阪府出身。

 企業だけではない。ニューヨーク・フィルハーモニックでは、有名指揮者が書き込みをした楽譜まで見られる。音楽好きにはたまらない内容だろう。もちろん、議会図書館、スミソニアン博物館などのアーカイブの充実ぶりは有名だが、一方、地方の小都市の団体が運営する地元の歴史に関するものも味わい深い。

 ほかにも大学では、各校の専門分野が反映されていて面白い。アメリカらしく、人種に関するアーカイブも多い。アフリカ系アメリカ人の歴史、アジア系アメリカ人の歴史、功を成したユダヤ系女性、日系人の戦時中の収容所での生活を記録したアーカイブもある。

 確かなのは、ここ数年でデジタル・アーカイブはますます本格的になってきたということだ。「インターネット」と聞くと、時にせわしない気分も巻き起こってくるが、腰を落ち着けて味わえるデジタル・アーカイブのようなネット体験もじわりと広がっているのだと覚えておきたい。

[日経MJ2017年8月28日付]


「日経MJ」をタブレットやスマートフォンで

 全紙面を画面で閲覧でき、各記事は横書きのテキストでも読めます。記事の検索や保存も可能。直近30日間分の紙面が閲覧可能。電子版の有料会員の方は、月額1000円の追加料金でお読み頂けます。


人気記事をまとめてチェック

「テクノロジー」の週刊メールマガジン無料配信中
「テクノロジー」のツイッターアカウントを開設しました。

先読みウェブワールドをMyニュースでまとめ読み
フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

【PR】

先読みウェブワールド 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

クラロワアジア大会は大いに盛り上がった

ゲームで賞金稼ぎ「eスポーツ」 日本ではスマホ舞台

 腕に覚えがあるプレーヤーが多額の賞金を目指してコンピューターゲームをプレーする「eスポーツ」。海外では賞金総額が30億円近い大会も開かれるほど人気のある新しいエンターテインメントが、いよいよ国内でも…続き (9/21)

酒造りに一役買うロボット「モロミ君」と尾畑酒造の尾畑専務

IoTで酒づくり もろみの温度、ロボがお知らせ

 新潟県の佐渡島にユニークな日本酒づくりをする酒蔵がある。「尾畑酒造」という酒蔵で、筆者も幾度か足を運んだ。地元の廃校を仕込み蔵に改装し、「学校蔵」と触れ込んで酒造りや交流の場にあてている。活用するの…続き (9/14)

過激な記事や動画に、広告が自動配信される問題が議会でも議論に(英国の国会議事堂周辺)=ロイター

ロイター

GoogleとFacebookがネット広告占有 世界各国で反発

 インターネットでいやが上にも目につく広告。この広告市場の7割を2社が占有しているかもしれないということをご存じだろうか。2社とは、検索やスマートフォンで存在感の強いグーグルと、交流サイト(SNS)の…続き (9/7)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

TechIn ピックアップ

09月22日(金)

  • EV化による国内自動車関連メーカーの明暗 厳しい時代迎える部品会社も
  • 攻撃者が狙うシステムの弱点は5つ
  • そこに「座る」だけでアニメのキャラクターと遊べる──ディズニーが開発した「マジックベンチ」の実力

日経産業新聞 ピックアップ2017年9月22日付

2017年9月22日付

・レシート、スマホで9割超読み取り、ISP
・薬副作用、iPSで予測 武田、早期に安全性見極め
・花火・海外挙式、VRで体感 近ツー、遠隔地に同時中継
・農作業の負担軽く、電動台車が自動追尾 中西金属工業
・抗がん剤を使いやすく、シンバイオ 米社技術導入…続き

[PR]

関連媒体サイト