/

この記事は会員限定です

ブロックチェーンで電力シェア 安全に履歴管理

[有料会員限定]

仮想通貨を支えるブロックチェーン技術。エネルギーの分野にもその波が押し寄せようとしている。「スマートグリッド」と呼ばれる次世代の送電網のデータ管理にブロックチェーンを使う試みが福島で始まる。太陽光発電などで電力を生み出せる家庭が別の家庭に電力を融通する「電力版シェアエコノミー」が実現する可能性を秘める。

「新たな電力サービスが生まれるかもしれない」。エナリスの小林昌宏社長は期待を膨らませている。福島県の委...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3401文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン