クラウドファンディング タイプにより異なる規制
フィンテック時代の金融法制(6)

2017/8/28 2:30
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

インターネットを通じて個人から少しずつ資金を集め、企業や自治体と投資家を結び付けるクラウドファンディング。大きく分けて「寄付型」「購入型」「ファンド(投資)型」「株式型」「不動産特定共同事業」「貸付型(ソーシャルレンディング)」がある。

日本では、見返りのない寄付を募る事例から始まった。寄付型は寄付仲介サイト「ジャパンギビング」などが有名だ。購入型は金額に応じた商品やサービスを届け、代表的な仲介…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]