金銭要求ランサムウエア 支払っても復旧の保証なし
セキュリティーの専門家に聞く

(1/2ページ)
2017/8/26 6:30
情報元
日経産業新聞
保存
共有
その他

世界を襲った5月12日の大規模サイバー攻撃では、ランサムウエアと呼ばれる感染先のデータを人質に身代金を要求するタイプのコンピューターウイルスが150カ国・地域で猛威を振るった。感染を防ぐ方法や感染してしまった場合の対応について、情報セキュリティーに詳しい米調査会社ガートナーのニール・マクドナルド副社長に聞いた。

――世界で猛威を振るったランサムウエアとは、どのようなものですか。

「データを『人質…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]