民進の存亡握る「非自民+α」
増税・福祉拡大に活路 野党共闘に溝、再編含み

2017/8/22付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

民進党は21日、党代表選を告示し、前原誠司元外相、枝野幸男前幹事長が立候補を届け出た。今回の代表選ではデフレ克服や少子高齢化に向かうアベノミクスの対案を訴えようとする意欲はみてとれる。「非自民+α」をどこまで示せるかが、存亡の危機を迎える民進党再生のカギを握る。一方、党運営をめぐる摩擦もくすぶっており、代表選後の道は平たんではない。

前原氏は慶応大の井手英策教授との交流の中で構想した「All f…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]